医薬品情報を扱う病院薬剤師から管理薬剤師への転職

薬剤師として病院で働き始めた

薬剤師として病院で働き始めた医薬品情報管理グループに入ってからは残業が多く大変薬剤師として医薬品情報グループで働いた経験を生かして転職

薬剤師として病院で働き始めたときには主に病棟での仕事を行っていました。
しかし、働いていて興味を持ったのが医薬品情報管理の業務でした。
病院で働いていると、薬剤部の医薬品情報管理グループから渡される情報が的確で役に立っていたというのが事実です。
それがなければ薬剤師がまともに働けないといっても過言ではないでしょう。
それにお世話になってきたからこそ、自分がその担い手になりたいと考えて、医薬品情報管理グループでの勤務を希望しました。
そして、5年ほど医薬品情報を取り扱う業務を中心に行ってきましたが、病院勤務の厳しさに少し身体への負担が気にかかるようになってきてしまい、転職を考えるようになったのです。

薬剤師になって早々に経験した転職活動と派遣

憧れの薬剤師になれたことは、それまでの人生の中でも大きな喜びで、将来が明るく輝くように感じられました。
働き始めた当初は、周りの人達がとても親切で、私は何と幸せなのかと心からそう思いました。
所が、幸せとは長く続かないもので、勤め先の経営者が入れ替わってからは、働き方も給料も大きく変わってしまいました。
まず最初に感じたのは、同僚の口調に余裕がなくなり、やがて人の陰口を耳にする機会が多くなったことです。
更に、私自身もそのような職場環境に追い込まれ、自らを見失いそうになったと言っても過言ではありません。
今にして思えば、早めに転職活動を始めたのが幸いで、派遣ながらも以前とは違った働き方が実現しています。
真剣に働き方を考えることになったのは、薬剤師の仕事に誇りが感じられなくなり、淡々と日々をやり過ごしているように思えた瞬間があった時です。
毎日を生きる上で、給料の条件は間違いなく大切な要素ですが、憧れて薬剤師になった私には、誇りやプライドもなくてはならない重要な要素だと実感しました。
転職活動において、新しい仕事探しの条件は幾つかありましたが、その筆頭には自分らしく働けることを優先項目に定めました。
ネガティブな雰囲気が蔓延する職場を、早く抜け出すことに成功できたのは、薬剤師向けの転職サイトに出合えた切っ掛けが大きいでしょう。
早速サービスに登録してみた所、職場や収入の条件など、希望を伝える機会があったことに驚きました。
勿論、心機一転新しい勤め先を探したり、キャリアアップを目指す人が多いわけですから、このような情報収集が行われるのは当然です。
ただ、働いても報われない職場に疲弊していた私には、新人として働き始めた時に覚えた、新鮮で魅力的な感覚が蘇りました。
担当者に現状を伝えて相談してみると、返ってきた応えは意外なもので、今なら派遣が働きやすいと教えてくれました。
派遣は全く考えていなかったので、直ぐに返事はできませんでしたが、改めて勤め先の条件を確認すると、思った以上に興味が惹かれていることに気が付きました。
これまで派遣の経験はなかったので、世間の噂に耳を傾けて、正直不安に感じなかったことはないと言えば嘘になります。
しかし、派遣はサポートがしっかりとしているので、普通に雇用されるよりも孤立しにくい、担当者が説明してくれるそういったメリットが魅力に思えました。
勤め先での我慢にも限界が近付いていたので、これも良い経験だと思い切って転職を決め、忙しいながらも充実する日々を手に入れることに成功しました。
派遣先に出向いた初日のことは、今でも鮮明に覚えていて、働いている人達の活き活きした表情が脳裏に焼き付いています。
また、各責任者に責任感が感じられたので、ここなら安心して働けると安堵したことを思い出しました。
薬剤師の仕事はやはり、専門知識で人に役立ててこそ喜びが実感できますし、小さなことでも感謝の言葉が得られると報われます。
新しい人生の再スタートは、私が思う以上に早く訪れましたが、転職支援の担当者や職場の皆さんのお陰で、スムーズに新しい環境に馴染むことができました。
働く人の心に余裕があるからか、以前に何度も遭遇しているギスギスした空気は全くなく、穏やかな雰囲気の中で薬剤師の仕事に取り組めるようになったと思います。
当然ながら、仕事に集中する際に緊張感はありますが、それすらも心地良く感じられる程で、私の心にも余裕ができたと満足しています。
給料重視では労働時間が増えたり、逆に時間や人間関係に余裕を持って働ける職場を優先すると、今度は生活の余裕が損なわれてしまうはずです。
バランスの良い働き方が実現できたのは、キャリアを活かした職場探しが行える、転職事情に詳しい専門家に相談したことが大きいと実感しています。